蛍光灯型LEDで器具交換工事不要も

LED照明にもいろいろな種類があって、蛍光灯の照明器具で、そのままLED管に交換できるもの、グロー球(点灯管)を取り外すだけで、LED管を使えるもの、器具の交換が必要なものがあります。

恐らく器具の交換が必要なものが一番安価です。LED管だけの金額であれば安価ですが、器具を交換しなければいけないし、器具を交換する為の、電気工事士による作業費も掛かります。そのままLED管をさせるもの、グロー球を外せばLED管をさせるものは、安定器など本来LED管のみを点灯されるために不要な部品がそのまま稼動する事になり、節電にならない場合があったり、本来蛍光灯をつけていれば、明かりがつかなくなる事で発見できていたはずの安定器の故障が分からない(気づかない)ままに、使用を続けてしまい、最悪、火災に繋がる事もあります。器具毎LED照明に交換するのが良いか、まだまだ蛍光灯の器具が新しければ、LED管だけ入替えるのが良いか、専門の電気屋さんか有資格者に見てもらって、工事とアフターも含めてお願いするのが一番良いと思います。

LED管にも種類があり、既存の照明器具(と電圧)に一番あったLED管を選定してくれるはずです。既存の蛍光灯照明器具に取り付ける場合は、直結接続という接続の仕方ができるLED管で、照明器具内の電気工事をするだけで、照明器具は交換しなくて良いので、一番安心で節電になると思います。電気工事の資格が必要です。